マイクロスコープが導入されている歯医者

バナー

マイクロスコープが導入されている歯医者

マイクロスコープとは、手術で使う顕微鏡のことをいいます。
この器具が開発されてから、高精度の治療をおこなうことが可能になり、治療技術が大きく進歩しました。おもに脳神経外科などで使われている器具なのですが、最近ではマイクロスコープを導入している歯医者も出てきました。



とはいえ普及率は数%に過ぎず、一般化にはもう少し時間がかかるようです。

マイナビニュース関する情報選びといえばこちらのサイトです。

マイクロスコープを導入している歯医者がほかの歯医者とどう違うのか。

これにはいくつもの答えがあります。

一つはもちろん、精度の高い治療ができるということです。

患部を数十倍に拡大して見ることができるので、細かいところまでよく確認できます。

これはいままでの肉眼に頼っていた治療では難しいことです。

また、拡大して見ることによって、虫歯など患部だけを、必要最低限のダメージで処置することが可能になっています。

マイクロスコープのもう一つの利点は、映像化できるということです。

治療しながらも、患部の拡大画像を写しだして見ることができるために、患者も安心して治療をしてもらうことが可能です。


また、気になる画像を保存することもできます。

これにより、後からでも歯の状況を確認することができるようになりました。



アメリカの歯科大学では、マイクロスコープをつかった実習が義務づけられています。


日本ではまだまだ普及していませんが、高精度の治療を可能にするため、いずれどの歯科医院にも導入されていくことでしょう。

Copyright (C) 2016 マイクロスコープが導入されている歯医者 All Rights Reserved.