歯医者のマイクロスコープ治療について

バナー

歯医者のマイクロスコープ治療について

歯医者ではマイクロスコープを使った治療を行っていて、特に根管治療、レジン修復では欠かせない機器です。

これまでの歯医者の治療は肉眼だけで、まさに手探り状態で行っていた治療も、最近はマイクロスコープを使って確実に目で見る治療に変ってきています。



従来の歯科治療の大部分が肉眼だけで狭い口腔内を手探りや勘だけで治療を行うと、見えないところの健康な歯を削りすぎてしまったり、悪いところを残してしまったりと様々な問題が起こりやすくなっていました。
歯医者が使うマイクロスコープは、高い倍率で歯を直接見ながら治療が出来るので、より確実性があって精度の高い歯科治療が出来るようになっています。
最近はMI治療が注目されていて、出来る限り削らずに歯を残す治療が主流になっています。

顕微鏡での治療は、それに合わせた最先端の歯科治療です。ただ歯科用の顕微鏡は大変高額な機器なので、日本の歯科医院でもあまり普及していません。

2009年度の歯科医院普及率は約2.9%程度とかなり低いです。
マイクロスコープが設置されている歯科医だと、殆どの治療で使用しています。


一般歯科の保存修復や歯周病、予防歯科などの顕微鏡治療、虫歯や歯茎の治療や、虫歯や歯周病の予防、口腔内の疾患全般の診察や診断です。

マイナビニュースサイトで情報を入手してみて下さい。

歯内療法だと歯の神経に関連する治療全般に使います。

歯科のマイクロスコープ情報サイトを利用しましょう。

生活歯髄療法(歯の神経を出来るだけ取らない治療)、根管治療(歯の神経の治療や根の治療)、歯内療法外科では歯の移植やマイクロサージェリー(根尖切除術)などです。

Copyright (C) 2016 歯医者のマイクロスコープ治療について All Rights Reserved.